メニュー

理数科学科入学希望の方へ学校概要学校いじめ防止基本方針行事予定学校生活部活動学校評価学力向上保護者の方へ各課より警報発表時の休校情報警報発表時の措置城北高校同窓会新学校版環境ISO提言BOXアクセス
Visits2580370
Since 2010/04/01
携帯サイト
QRコード
 

保健室より

お知らせ >> 記事詳細

2019/02/22

麻しんの予防について

| by:保健厚生課長
 保護者 殿
 
平成31年2月22日
徳島県立城北高等学校長
 
麻しん(はしか)の予防について (お知らせ) 
 全国で麻しん(はしか)が流行しています。麻しんは感染力が非常に強く、今後、感染拡大のおそれがあります。麻しんワクチン未接種者や麻しん未罹患者は、医療機関と相談のうえ、麻しんワクチンを接種することをお勧めします。
 ○予防接種について
接種回数(2回)、MRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)として2回(1才・小学校入学前)接種
※母子健康手帳などで接種済みであるか確認し、2回接種ができていない場合は、早期の接種をお勧めします。(予防接種が効果を現すには1ヶ月程度かかります。)
※接種が1回の場合は、抗体価低下による感染の可能性があるため、抗体検査を受ける、2回目の接種を受けるなどの対応をしてください。
※麻しんは、ワクチンを2回接種することで予防できます。
○麻しんについて
原因…麻しんウイルスで感染力は非常に強い。同じ場所にいるだけで空気感染する。
潜伏期間…8~12日間と長い。
カタル期…発熱、せき、鼻水、結膜充血、目やになど。熱は38度以上のことが多く、はじめは風邪と見分けがつきにくい。発熱2~3日後に頬の内側にコプリック斑(白い斑点)が出る。カタル期が3~4日続いた後、いったん熱は下がる。感染力はこの時期が最も強い。
発疹期…いったん熱が下がった後、再度39~40度の高熱が出現し、発疹が出る。およそ3日程度続き、せき、鼻汁も強く、下痢を伴うこともある。
回復期…解熱後もせきは残るが徐々に回復する。学校保健安全法により解熱後3日を経過するまでは出席停止になる。

 

08:43