サイエンス部

 現在は、生物に関した研究をしたり、植物の栽培をしたりしています。校外で行われる科学発表会で発表することを目標にみんなで協力して研究をしています。
 活動日は週3回(月・水・金)ですが、発表会前は他の曜日も活動しています。生物や科学現象の「なぜ?」を自分で調べてみたい人、一緒に研究してみませんか?普段は、放課後,生物室(北館3階西端)でわきあいあいと楽しくやっています。ここ数年の研究テーマは「タンポポ」です。ぜひ、一度のぞきに来てください。
☆部員一同お待ちしておりま~す☆

主な活動
○ テーマを決めて研究(4月~)
○ 城北祭でサイエンス部の展示・ワークショップ(9月)
○ 研究成果を発表会で発表
  科学体験発表会(11月)
  SSH(スーパーサイエンスハイスクールのこと)生徒研究合同発表会(3月)
  その他の発表会へ参加
○ 植物の栽培・観察、メダカやタナゴの飼育・観察

過去の成績
 科学経験発表会 特選 最優秀賞(H29) 特選(H30,R1)
 日本学生科学賞県審査 最優秀賞 知事賞(H30,R2) 優秀賞(H29,R1)
 徳島県高校総合文化祭自然科学部門 奨励賞(H30)
 SSH生徒研究合同発表会 口頭発表最優秀賞(H30) 優秀賞(H29)

サイエンス部

活動

サイエンス部 記念撮影

サイエンス部です。
昨年秋に受賞した第64回日本学生科学賞県審査(読売新聞社主催)の最優秀賞の賞状と盾を部員に披露し、改めて受賞を喜びあいました。 
 
  
 
また、取材を受けた受賞に関する記事は昨年12月18日(金)の読売新聞朝刊に掲載され、私たちの研究「タンポポの生殖方法について~徳島県のカンサイタンポポはなぜ強いのか~」の概要や部員の声を大きく取り上げていただきました。
これを励みに、今後も研究を重ねていきます。