活動ブログ

理数科学科の活動報告

理数科学科2年生 課題研究(SP-time)

2年生の課題研究では、物理、化学、生物、地学それぞれ2班ずつの計8班に分かれて、毎週金曜の6・7時間目に実験や研究に取り組んでいます。

2学期の中間発表会に向けて、粘り強く試行錯誤を繰り返しながら、協働して研究を進めていきます。

理数科学科 第一学年 出前授業 その②

6月4日(火)1年 理数探究基礎
第2回出前講座 「研究の楽しさ」 徳島大学教養教育院 教授 渡部稔先生

 渡部先生の器官の再生やがんに関するご研究についてわかりやすく教えてくださり、また、先生が生物学者を志したきっかけやこれまでの道のりについて話してくださいました。さらに私たちが2年生から取り組む課題研究についてもテーマの設定の仕方など詳しくお話しくださり、課題研究をするのが楽しみになりました。
研究者になるのは大変なんだなあと感じましたが、実験結果がでるときのわくわく感は特別のものなんだろうと思い。
 今回は理数科学科一期生の私たちの先輩も一緒に来てくださり、お話ししてくださってうれしかったです。また、渡部先生が実験に使われているイベリアトゲイモリやアフリカツメガエルも連れてきてくださり、少し怖かったけど触ってみました。個人的にはイモリの方がかわいかったです。
楽しく学べて充実した時間となりました。ありがとうございました。

 

 

理数科学科 第一学年 出前講座 その①

5月28日(火)7限目

107HRで理数探究基礎の時間に出前講座を実施しました。

今回は、徳島大学理工学部 教授 伏見賢一先生をお招きし、

「宇宙暗黒物質を探そう!」というテーマの講演を拝聴しました。

パワーポイントの画面で壮大な宇宙の映像を見せてくださり、

一瞬、宇宙旅行へ出かけたような気がしました。

わからないことだらけの「宇宙暗黒物質(ダークマター)」の研究は夢があるなあと感じました。

また、大学で宇宙の分野へ進んでも就職に困ることはないなど、

大学のことにも触れてお話くださいました。

ありがとうございました。

理数科学科 SSH生徒研究合同発表会

 令和6年3月16日(土)、徳島県教育会館にて、令和5年度徳島県スーパーサイエンスハイスクール生徒研究合同発表会が、開催されました。

 本校理数科学科2年生からポスター発表に6班、口頭発表に2班が参加しました。

各班とも、これまでの研究内容をしっかりと伝えることができました。

そのうち、「サボテンの光合成と気孔」について発表した班が、奨励賞をいただきました。

 また、徳島大学の赤池雅史 氏の講演「医療における研究」も聴くことができました。

今年度の最後の発表になります。今まで、ご指導・ご助言をいただいた先生方、ありがとうございました。

    

  

 

 

 

 

 

理数科学科1年生 課題研究テーマ発表会

3/14(木)2・3時間目、課題研究テーマ発表会がありました。

これから本格的に進めていく課題研究について

1.課題設定の理由

2.仮説

3.実験計画

4.予備実験の結果

といった内容をパワーポイントにまとめ、プレゼンテーションを行いました。

大学の先生方をはじめ、多くの人から貴重なアドバイスをいただきました。

1年生は今回設定したテーマをもとに、今後約1年をかけて課題研究を行っていきます。

<物理班>

・効率的な波力発電を行う方法

・身近な温度差による発電の検証

<化学班>

・スポンジの吸水性の向上について

・感熱紙の文字が消えるのはなぜか

<生物班>

・なぜ花の色が変化するのか?

・藍染の染色条件

<地学班>

・七色の彩雲をつくる

・土砂崩れと土壌の透水性

理数科学科2年生 課題研究発表会

 2月22日(木)、理数科学科2年生の課題研究発表会が行われました。

物理・化学・生物・地学の各班が、これまでの研究の成果を発表しました。

大学の先生や本校教員と1年生の前で、スライドを用いての発表でした。

大学の先生からは、班ごとに、専門的内容に関するご指摘や、追加実験をする際のご助言等をいただきました。

また、1年生にとっても良い刺激となる機会となりました。

3年生になったら、この研究を論文にして、校外の発表会やコンテストへの出品を目指します。 

テーマ一覧(発表順)

1.ダンゴムシはなぜコンクリートを食べるのか

2.さつまいものブランドによって糖度は異なるのか

3.圧電素子を用いた床発電

4.海溝型地震による津波の発生

5.防カビ剤が食品に呈する作用について

6.サボテンの光合成と気孔

7.磁気冷凍

8.宇宙塵を採取する

   

   

 

理数科学科1年生 ミニ課題研究発表会

1/24(水)6・7時間目、ミニ課題研究発表会がありました。

ミニ課題研究とは、本格的な課題研究に向けて、教員から与えられた課題で課題研究の一連の流れを経験する活動です。

物理・化学・生物・地学に分かれて計7班が、10月中頃から研究してきた内容をまとめ、ポスターセッション形式で発表しました。

今回の経験を活かして、これからの課題研究をよりよいものにしていってくれることを期待しています。

金属学会若手フォーラム参加

12月23日に徳島大学で行われた金属学会若手フォーラムに理数科学科2年生の磁気冷凍を研究している課題研究グループが参加してきました。徳島大学の教授や他校生と活発に意見交換を行うことができ、研究を進めるヒントを得たり、研究へのモチベーションを高めることができたりと、有意義な会となりました。2月の校内発表会に向けて研究をさらに進めていきたいと思います。