警報発表時の措置について(平成29年4月1日改訂)
警報発表時の措置について  平成29年4月1日改訂
(徳島市に警報が発表された場合)

1  午前7時 の時点で, 暴風警報または特別警報 が発表されている場合
  自宅待機  とします。

 (1)午前10時の時点で,引き続き同警報が発表されている場合,臨時休校とします。
 (2) 午前10時までに同警報が解除された場合は,午後1時からHRを実施し
   午後からの授業を行います。この場合は,通学路の安全を確認して,登校して
   ください
。 

 ※ 徳島市に上記警報が出されていなくても,住居の所在地に上記警報が
   出されている場合は(1)(2)に準じるので,担任に連絡してください。
 ※ 特別警報は,従来の警報規準をはるかに超える場合に発表されるものなので,
   すべての特別警報(大雨・暴風・高潮・波浪・暴風雪・大雪)の他に
    大津波警報 を含みます。
 ※ 上記に従って
   ①7時の時点で自宅待機とする場合
   ②10時の時点で臨時休校とする場合
 本校のホームページに掲載する予定です。


2  午前7時の時点で, 他の警報(大雨・洪水・津波・大雪 他)
  が発表されている場合は原則として, 平常授業 を行います。
 ただし,
 (1) 状況によっては学校長が判断し,自宅待機や臨時休校等の措置を講じる
   場合があります。
 (2) 交通機関が遮断されている場合や,通学路の浸水・凍結等で保護者が危険
   であると判断した場合は,担任に連絡して自宅で待機してください。
   この場合は公欠扱いとします。


3  強風・大雨・洪水・高潮等の注意報 が発表されている場合
   原則として,平常授業を行います。安全を確認し登校してください。

4  登校後に警報 注意報 が発表された場合

 (1) 在校時に大津波警報が発表された場合は,警報が解除されるまで
   校内で待機する。安全が確保され,公共交通機関の安全運行が確認
   された場合,城北高校にて保護者に引き渡しを行う。
 (2) 大津波警報以外の警報・注意報の場合状況に応じて学校長が判断し,
   下校や待機等の措置を講じます。
   下校の際には,安全第一の措置をとり,状況によっては保護者の方に
  迎えを依頼する場合があります。